【2020年2月】ウェルスナビの運用実績(27ヶ月)|専業主婦のコツコツ投資

こんにちは、コツコツ資産運用している専業主婦のきょまです。
いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

本記事ではウェルスナビ(WealthNavi)2020年2月の運用実績を公開します。
きょまは2017年12月から運用を始めて現在27ヶ月目になりました。

ウェルスナビは初心者でも株が分からなくても簡単に運用できます。
これからロボアドバイザーで運用を始めてみたい方、資産運用を始めてみたい方、老後資金が気になっている方などなど、本記事を参考にしてくださいね(^^)/

セゾン投信ひふみつみたてNISA(楽天証券)運用実績も公開中】
CHECKセゾン投信の運用実績一覧
CHECKひふみ投信とひふみワールドの運用実績一覧
CHECKつみたてNISA(楽天証券)の運用実績一覧

ウェルスナビの投資状況


きょまの運用状況について簡単にまとめます。

ウェルスナビ
・2017年12月より運用開始(現在27ヶ月
200万円の元本からスタート
・毎月の積立金額:7万円
(2019年4月までは毎月10万円)
・運用プラン:リスク許容度5

リスク許容度とは「どれくらいの損失なら耐えることが出来るか」を1〜5段階で表したものです。
ウェルスナビ公式ページよりリスク許容度の診断をすることが出来ますよ^^
私の場合はリスク許容最大である5を選択しています。

きょま
ほったらかしにしたままなので楽に運用できています。

ウェルスナビの運用実績

2020年2月末時点の運用実績

まずはウェルスナビマイページのスクリーンショット。

【2020年2月(27ヶ月)の運用実績】
・積立総額:4,300,000
・評価総額:4,312,386
・損益:+12,386+0.29%
・前月比:307,040-7.26%

2月末時点での成績です。前月比どーんとマイナス。
新型コロナウイルスの感染拡大により世界的に株価下落しているので仕方ないですね。
この株価下落は一時的なものです。
長期的な視点を持って運用しているきょまは気にせずど〜んと構えますよ^^

ウェルスナビ公式サイトでは株価下落で不安を感じている方にメッセージを配信していました。
>>株価急落で不安を感じていらっしゃる方へ(2020/02/28)

メッセージでも
「長期投資で資産を大きく増やすには、相場の変動を何度も乗り越えていくことになります。」
と書かれていましたよ。

これからしばらくマイナス運用が続きそうですが続けることが大事。
下落相場であってもウェルスナビをやめずにコツコツ続けていきます!

きょま
ウェルスナビはほったらかし運用。株価下落時もほったらかし。一喜一憂せずに長期で続けられるのが大きなメリットです♪

2020年2月の取引状況

スクリーンショットを載せていきます。

・手数料

・購入

・分配金

・DeTAX(税金最適化)
2月はDeTAXが行われました。

まずは無料診断でリスク許容度を調べてみよう

公式サイトより引用

ウェルスナビでは無料でリスク許容度を診断できます。
所要時間は最短で1分
個人情報を入力しなくても診断できるので試しにどんな結果になるかみてみるだけでも良いですね。

診断は6つの質問に答えるだけ。
自分に合ったリスク許容度が分かりますよ\(^^)/
無料で簡単なので一度試してみてはいかがでしょうか。

\最短1分で完了します/
ウェルスナビの無料診断はこちら
あなたのリスク許容度は?

ちなみに無料診断の結果、きょまは5段階評価でリスク許容度最大のでした!
10年後、20年後にどんな確率でいくら資産が増えるのかもグラフで分かります。

初心者ピヨ
グラフで可視化されるとイメージ出来て分かりやすいね!

何度も診断できるので、将来いくら貯めたいか?その為にはいくら積立したらいいのか?など、じっくり検討することが出来ますよ♪

さいごに


ロボアドバイザーは投資信託と違って自分でファンドを選ぶ必要がないことがメリットです。
自分がどの程度のリスクに耐えられるかを選択するだけでOK。
あとは人工知能を利用して自動的に運用してくれます。

デメリットはNISAつみたてNISA非対応であること。
税金は控除されませんが、その代わりに「リバランス」や「自動税金最適化サービス」が行われています。
投資家にとって少しでも利益を出すことができるように工夫されているんですね。

関連記事ウェルスナビのメリット・デメリットについて解説!

ロボアドバイザーの中でもウェルスナビは最大手。
預かり資産は2500億円を達成しました(2020年6月4日時点)。

きょまは今後も引き続き、ウェルスナビほったらかし投資していきます♪

また来月も運用実績を公開するので良かったら見に来てくださいね。

きょま
大切なのは毎月欠かさず続けていくことです^^

セゾン投信ひふみつみたてNISA(楽天証券)運用実績も公開中】
CHECKセゾン投信の運用実績一覧
CHECKひふみ投信とひふみワールドの運用実績一覧
CHECKつみたてNISA(楽天証券)の運用実績一覧