ウェルスナビ|2020年運用実績・分配金・手数料を全てブログで公開します


こんにちは、コツコツ資産運用している専業主婦のきょまです。

過去の投資信託の運用成績はこちら
セゾン投信
ひふみ投信・ひふみワールド
つみたてNISA(楽天証券)

きょまはウェルスナビで運用を始めてから3年以上が経過しました。

本記事では2020年のウェルスナビ運用実績と気になる分配金、実際に掛かった手数料について全て公開します。

ウェルスナビ(WealthNavi)は初心者でも簡単に資産運用できるのが魅力。
現在はNISAには対応していませんが、2021年初春からはNISAのサービス開始予定です。

これからロボアドバイザーで運用を始めてみたい方、資産運用を始めてみたい方などぜひ本記事を参考にしてくださいね!^^

きょまの投資状況


きょまの運用状況について簡単にまとめます。

ウェルスナビ
運用期間
2020年12月で37ヶ月目(2017年12月より運用開始)
元本
200万円の元本で積立開始
毎月の積立額
50,000円(2019年4月までは毎月10万円、2020年3月までは毎月7万円)
運用プラン
リスク許容度5(最大)

リスク許容度とは「どれくらいの損失なら耐えることが出来るか」を1〜5段階で表したものです。
ウェルスナビ公式ページより簡単な質問でリスク許容度の診断をすることが出来ます^^
私の場合はリスク許容は最大の5を選択しています。

きょま
どこまでのリスクに耐えられるかは人によって異なりますので、自分がどの程度なのか?試しに診断してみるのもありだと思います♪

\最短1分で完了します/
ウェルスナビの無料診断はこちら
あなたのリスク許容度は?

2020年の運用実績まとめ

それでは1年間の実績をみてみましょう。

2020年 評価総額 評価損益
1月(26か月) 4,549,426円 +319,426円(+7.55%
2月(27か月) 4,312,386円 +12,386円(+0.29%
3月(28か月) 3,782,602円 -587,398円(-13.44%
4月(29か月) 4,157,591円 -262,409円(-5.94%
5月(30か月) 4,425,780円 -44,220円(-0.99%
6月(31か月) 4,579,574円 +59,574円(+1.32%
7月(32か月) 4,798,000円 +228,000円(+4.99%
8月(33か月) 5,075,042円 +455,042円(+9.85%
9月(34か月) 4,970,760円 +300,760円(+6.44%
10月(35か月) 4,879,998円 +159,998円(+3.39%
11月(36か月) 5,409,978円 +639,978円(+13.42%
12月(37か月) 5,665,622円 +845,622円(+17.54%

2020年の資産推移のグラフも参考の為に載せておきます。

2020年を振り返ると
振れ幅は、-13%+17%
金額にすると、含み損58万円含み益84万円でした。

ちなみに2019年の振れ幅は、-4%〜+8%
2020年はコロナショックがあったので、プラスとマイナスの振れ幅はとても大きかったですね!

ちなみにきょまはリスク許容度を最大の5に設定しています。
その為、振れ幅も最大レベルであると考えてくださいね。
リスク許容度が5よりも小さい場合は、評価損益の振れ幅はもっと小さいです(^^)

きょま
リスク許容度が自分はどの程度なのか知りたい場合は、6つの質問に答えるだけで無料診断することが出来ます。

2020年の分配金と手数料まとめ

次に気になる分配金、実際に掛かった手数料について公開します。

2020年 分配金 手数料
1月(26か月) 10,277 3,910
2月(27か月) 361 3,992
3月(28か月) 4,329 3,812
4月(29か月) 5,988 3,339
5月(30か月) 465 3,312
6月(31か月) 8,888 3,616
7月(32か月) 5,428 3,803
8月(33ヶ月) 289 3,995
9月(34ヶ月) 11,756 4,186
10月(35ヶ月) 6,245 4,059
11月(36ヶ月) 298 4,261
12月(37ヶ月) 17,188 4,302
合計 71,512 46,587

分配金とは、実際に入ってきたお金。
2020年は1年で分配金トータル71,512ゲットしました!

手数料とは、その反対で出ていったお金。
2020年は1年で手数料トータル46,587支払いました。

分配金>手数料」となっており、その差は24,925円。
手数料は分配金で補えているところが嬉しいポイントです!
ちなみに2018年と2019年も「分配金>手数料」で手数料分は分配金で補えました(^^)

ウェルスナビの手数料は預かり資産3000万円までは年率1%(税別)、3000万円以上は年率0.5%(税別)。
手数料は毎月同額ではありません。
毎月の積立で預かり資産が増えていく分、手数料も毎月上がっていきます。

きょまは2020年12月の時点で預かり資産482万円
480万円の年率1%だと48,000円。
これを12ヶ月の12で割って毎月の手数料を算出します。
預かり資産480万円の場合は1ヶ月あたり4,000円。
ここに税金が上乗せされる計算です。
ちなみにきょまは長期割が適用されている為、この計算よりは少し手数料は安いです。
(12月は預かり資産482万円で手数料4,302円でした。)

例えば、預かり資産400万円で手数料が1ヶ月3,700円弱なので、
預かり資産40万円は手数料370円程度、
預かり資産10万円だと手数料100円未満という計算ですね。
ウェルスナビは最低投資金額は10万円以上で月1万円から自動積立を始められます。

手数料についてはに詳しく載っています。
気になる方はサイトを見てみてくださいね。

公式サイトより引用

リバランスとDeTAXはいつ行われた?

2020年のリバランス2回、5月と11月。
DeTAX(税金最適化)は3回、2、6、9月に行われました。

リバランスとは
最適なポートフォリオを維持する為に基本的に半年に1度、自動的に行われます。
自身の最適なポートフォリオに対して毎月自動購入されますが、運用していくうちにどうしてもポートフォリオから乖離してしまいますので便利な機能です。

DeTAX(デタックス)とは
特定口座で運用している方のみ税負担を自動で最適化してくれる制度です。(ウェルスナビだけの機能
分配金の受け取りやETFの売却益で生じる税金が4,000円を超える場合を目安に、税負担を翌年に繰延。
繰り延べによってその年に運用できる金額が増えるので効率よく資産を増やしていくことが出来ます。

この2つの機能があることで、最適なポートフォリオを効率よく維持しながら運用することが出来ます!

きょま
ほったらかし運用なのに最適なポートフォリオを効率よく維持できるってスゴイ\(^^)/

きょまが感じるウェルスナビのメリット・デメリット

箇条書きでまとめました。

<きょまが感じるウェルスナビのおすすめポイント(メリット)>
・資産運用は自動的に全てお任せ
・投資信託と同じで、相場に一喜一憂することもないので精神的な負担がない
・リバランス、DeTAX機能がある
・定期的にメールマガジンで有益な情報が届く

<きょまが感じるウェルスナビの改善して欲しいポイント(デメリット)>
・手数料をもっと安くしてほしい
・NISA、つみたてNISAには非対応
・投資初心者にとって最低投資金額10万円はハードルが高いような気がする

さいごに

ウェルスナビ、ほったらかしすぎてチェックするのは月に1回程度。
ウェルスナビが自動で資産運用してくれるので全てお任せしています。

投資初心者でも株とか投資信託がよく分からない方でも、ウェルスナビは簡単に始められます。
ご心配な方は「ご検討中の方向けのセミナー」も随時全国で行っているので話を聞いてみてから検討するのも良いかも。

2021年初春からはNISAのサービス開始予定です!!
その名も「おまかせNISA」。
詳しいことはまだ公開されていませんが、こちらも注目ですね。

きょま
リスク許容度の無料診断も面白いのでご興味ある方はぜひやってみてくださいね♪
\最短1分で完了します/
ウェルスナビの無料診断はこちら
あなたのリスク許容度は?

ウェルスナビ運用実績は毎月欠かさず公開中です!
CHECK!ウェルスナビ毎月の運用実績一覧

CHECK!投資信託・つみたてNISAの運用実績も毎月公開中!
>>セゾン投信の最新の運用実績
>>ひふみ投信・ひふみワールドの最新の運用実績
>>つみたてNISA(楽天証券)の最新の運用実績

スポンサーリンク