IPO投資のメリット・デメリットそしておすすめポイントは?

こんにちは、専業主婦のきょまです。
ブログをご覧くださりありがとうございます。

この度きょまは、IPO投資でメルカリ株を公募価格で購入し、25万円の利確に成功しました。
今回の記事ではそんな私がIPO投資についてのおすすめポイントなどをお話したいと思います。

<関連記事:メルカリIPO投資についての結果はこちらからどうぞ>
IPO|メルカリ(4385)上場で利確。売却方法と利益を公開!

 

1. そもそもIPO投資とは?

IPOとは「Initial Public Offering」の略で、「新規公開株」のこと。
会社が証券取引所に上場する前に、金融機関を通して投資家に株を公開価格で売り出します。
これがIPOです。

IPO投資とは、上場前の株式を公開価格で購入上場後に公開価格より高値で売る
その差益で儲けを得るという投資方法です。

注意していただきたいのはIPO投資では必ず儲かるとは限らないということ。
上場後に公開価格よりも株価が下がってしまったらマイナスになってしまい、
この時点で売却すると投資失敗です。
上場後に株価が公募価格より上回った時に売却できて初めてIPO投資に成功出来たと言えます。

しかし、実際失敗する可能性(割合)は低いです。
なぜなら過去のIPO結果をみてみると、公開価格より初値の方が価格が上回る場合が圧倒的に多いから。
2017年においてはIPOで上場した94社中、初値が公開価格より下回ったのはたったの10社です。
2017年が特別という訳ではなく毎年この位の割合です。

過去の結果から、IPO投資をされている方のほとんどは初値で売る場合が多いです。(もしくは上場日)

またIPOの中でも、特に大型IPOは当たりやすい上にほとんどが公開価格より初値の方が上回った価格になるので、大型IPOのみ投資するという方法もありだと思います(^^)/

 

2. IPO投資のメリットとデメリット

2-1. メリット

1)株価がいくらになったら購入するのか考えなくて良い。
「抽選申し込みをする」→「当選したら公開価格で購入する」だけでOK。
上場前は公開価格でしか購入できないので、株式投資と違い購入価格を検討しなくて良い。

2)どの銘柄を選べばいいか考えなくて良い
新規上場する会社は決まっているのでその会社のIPOに申し込めばOK。
その銘柄の詳しいIRを調べる必要なし。

3)時間がない人でも出来る。
申し込み期間は数日あるので空き時間にIPO申し込みすることが出来る。
当選したら期日中に購入申し込みすれば良いですし
上場日は指値をしておけばPCに張りついておかなくてもOK。

4)すぐに利確することができる。
初値や上場日にすぐ売ってしまえば長期で株を保有する必要なし。
すぐ利益確定すると、自由に動かせるお金になるので融通が利く

 

2-2. デメリット

1)ある程度のまとまったお金が必要。
例えば、公開価格が2,000円なら100株買うとして20万円の用意が必要。

2)当選しないと購入できない。
IPOは抽選なので申し込んでも必ずしも買うことが出来るわけではない。
そして落選することのほうが圧倒的に多い。

3)IPOする会社をチェックする必要がある。
数日に一度はチェックして、もしIPOがあるなら申し込み期間中に申し込んでおかなければいけない。
少し面倒かもしれませんが、習慣にしてしまえばそこまで大変なことではないです。

 

3. IPO投資の私のおすすめポイント

私のおすすめポイントは3つ。

1)難しいことを考える必要がない
これは一番のおすすめポイントです。
難しいとハードルが上がりますし嫌気がさしてしまいますよね…(私だけでしょうか笑
IPO投資は投資初心者でも取り掛かりやすい投資と言えます。

2)時間に縛られない。
お仕事されていて忙しい方でも家事や育児で忙しい方でも
時間に縛られることなく出来るのはとても魅力です。

3)当選してしまえば高確率で利益を得られる。
当選するのが大変かもしれませんが…(;^_^A

 

4. IPOに当たりやすい証券会社は?

IPO投資は当選しないと始まりません。
実際、落ちることの方が断然多いので当たったらラッキーだなぁというスタンスでいますが
その中でも私が当選しやすいと思った証券会社をご紹介します。

4-1. 主幹事である証券会社に申し込み

主幹事(主幹事証券会社)とは、IPOを取り仕切る証券会社のことです。
主幹事は取り仕切る会社なだけに、割当株数も他の証券会社に比べてかなり多いのが特徴となっています。
なので主幹事は一番当たりやすいと言えます。
主幹事はIPO(新規上場)する会社によって異なりますので、毎回どの証券会社がIPOの主幹事なのかを調べておく必要があります。

4-2. 大和証券

IPOの申し込み方法として、店頭で申し込み・ネットで申し込みの2種類あるのですが、
店頭での申し込みは各証券会社の上客の配分ですので、ほとんどの方はネットで申し込むのが主流だと思います。

その中でも、大和証券でのネット申し込みは他のネット証券と比べると約2倍もの当選確率であり、
IPO投資したい方に大和証券はおすすめです。
他の証券会社が10%のところ、大和証券は原則として15%が完全平等抽選、5%がチャンス抽選であり、全体で20%の当選確率です。

また更に、IPOの主幹事を務める回数は、業界でも1位・2位を争うくらいの多さです。
今後、IPOで大和証券が主幹事を務めるのであれば割当率も期待できますので、当選確率も更に上がるのではないでしょうか。

IPO投資をやってみたくて、まだ大和証券に口座をお持ちでない方は口座を開設しておくのも良いかもしれません。

 

5. 最後に

IPO投資は一度やりかたを覚えてしまえば難しくありません。
①ネットでIPO申し込み②当選したら公開価格で購入③上場日に売却 という流れです。
忙しい主婦の方におすすめの投資方法ですよ(^^)/  ※投資は自己責任です。

申し込んでも落選することが多いのですが、
数日に一度はIPO申し込みがないかチェックして申し込んでおけばOKで
当選したらラッキーくらいの軽~い感じに考えています。宝くじ感覚です。
ただメルカリのような大型IPOは当選口数が多いのと上場後に大きく株価が上がる可能性が高いので
かなり気合入りますが(^^)/笑

楽に投資できるのでこれからも細々と続けていきます(≧▽≦)